アトピー冷え性改善に生理用布ナプキンのメリット デメリット!

冷え性やアトピーなどの体質改善に気をつけた経皮毒について

アトピー改善をするのに、食事の添加物や残留農薬、洗剤・化粧品などの化学物質に気をつけるようになりました。

口から摂取する食品や、肌が荒れるので洗剤や化粧品には気をつけようと思う方も多いと思いますが、皮膚から体内へ有害物質が吸収される「経皮毒(けいひどく)」と呼ばれるものをご存知でしょうか?

アトピー改善に気を付けた経皮毒で化学物質を見直そう!

有害物質が口から入った時より、皮膚から吸収された方が体外へ排出されにくく蓄積されてしまうので、実はとても気をつけたいことです。さらに体に部位によって吸収率は変わりますが、性器は一番吸収率が高く、女性ですと、生理用ナプキンやタンポンを直接あてますので、私は生理用の布ナプキンを使うようにしています。紙ナプキンから布ナプキンに切り替えて10年、今回は布ナプキンについてや使用感などを書いていきます☆

アトピー改善や冷え性対策におまたカイロで温活!

スポンサーリンク

冷え性やアトピーなどの体質改善に気を付けた生理用ナプキン

一般的に生理用ナプキンといえば「紙ナプキン」といわれるものになりますが、実際に使用されている原材料は石油系の素材です。肌にあたる部分は、漂白されたポリエステル、ポリプロピレン、レーヨンなどの不織布でできています。

また内部には、漂白された綿状パルプ、高分子吸収材、ポリマーなどの吸収促進剤、消臭目的のデオドラント材、香料など化学物質がたくさん使われています。製品を清潔に保つために漂白が義務付けられており、一般の紙ナプキンには塩素系漂白剤が使用されています。吸収材である高分子ポリマーは皮膚障害をひき起こす有害化学物質。

スポンサーリンク

紙ナプキンは大人だけでなく小中学生の成長期の子どもたちも当たり前の使っていますが、実は有害物質をたくさん含んだ商品を、経皮吸収率の高い部位に直接あてて使っています。

最近では紙ナプキンの害についても知られてくるようになり、布ナプキンを使っている方も増えてきました。布ナプキンに切り替えた時は購入できるところが少なく、周りにも布ナプキンを使っていると言い出せずにいましたが、今では周りでも使っている人がいて嬉しいです☆
10年使用した感想をふまえながらメリット・デメリットについて書いていきます。

布ナプキンのメリット

1.ムレやかぶれ、痒みの緩和

紙ナプキンの肌に触れる素材が「不織布」で作られているのに対し、布ナプキンは「コットン素材」で作られています。紙ナプキンがムレやすい原因の1つとして考えられているのが、漏れを防止するために使われているビニール。ビニール素材は漏れを防ぐ変わりに、通気性が悪く、ムレやすくなります。

それに比べ布ナプキンは、湿気は逃すのに水は逃さない特別な透湿防水布を使っています。漏れを防ぎながらも通気性が良く、ムレにくくかぶれにくいので特に敏感肌の方にはおすすめです。

アトピー・敏感肌の私も紙ナプキンの時はかぶれに悩んでいましたが、布ナプキンでかぶれや痒みが出たことは一度もありません。

2.生理痛の軽減

生理痛は、生理活性物質の子宮の筋肉を収縮させる作用によって起こります。子宮が、剥がれ落ちた内膜の組織や月経血を異物として認識し、押し出そうとすることにより筋肉が収縮します。毒や異物が多いほど収縮活動が増え、痛みが増す原因になり得ます。
紙ナプキンに含まれる石油素材などが、生理痛や不妊を引き起こす原因の1つだという考えがあります。

それに比べて布ナプキンは天然素材で作られているため、体に優しく生理痛の緩和につながると言われています。もともと生理痛は軽めではありましたが、布ナプ暦10年のおかげか、気付けば今ではすっかり生理痛から解放されました。むしろ生理自体が軽くなりました。

3.冷え性の改善

紙ナプキンの多くは、「熱冷ましシート」にも使われる「水分を含むとジェリー状になる高分子吸収体ポリマー」を吸収体として採用しています。経血を吸収した紙ナプキンによって、子宮が冷え、生理痛・子宮の病気・不妊症などの原因になり得ます。

布ナプキンは、洋服の重ね着と同じ効果を発揮します。子宮を包み込んで体を温め、冷えが改善することで基礎代謝が上がります。股のところに布がかさばる感じが最初は気になりましたが、ほんわかと温かい感覚が気持ち良く、化学的な不織布とは違う温かみがあります。

最近では「おまたカイロ」を実践中。よりポッカポカで気持ち良く、使って気付くこともありましたので、おまたカイロについてはこちらに書いています☆

アトピー改善や冷え性対策におまたカイロで温活!

4.生理の臭いが気にならなくなる

生理中のニオイを気にする方は多いと思いますが、実は本来「経血は無臭」なんです。
ケミカルナプキンに含まれる化学物質と血液が反応し、更に蒸れて独特のにおいが発生するようです。布ナプキンは通気性がいいのでほとんど気になりません。

私は布ナプキンをつけていて臭いが気になったことはありません。むしろ長年使っているせいか、トイレのタイミングで経血が出ることが多くなり、驚くことに布ナプキンのメリットと言われていた「生理の出血調節が出来るようになってくる」ということが今では実感できています。最初は無意識で出てくる経血を調節できるようになるなんて、全然信じていませんでしたが・・・!

5.洗って繰り返し使えることでコスト削減、ゴミ削減

布ナプキンは洗って繰り返し使えるので、使い捨ての紙ナプキンに比べてごみの削減になり、また通常2~3年を目安に使用とされていることが多いので、コスト面でも経済的です。

そして布ナプキンの使い方で気に入っているところが、少量の日やおりもの用に使いたいときは、1日1~2枚で済んでしまうような使い方ができるところ。例えばこういったタイプのもの↓ですが、左右の布を真ん中の上に重ねて、3重にして使います。すると一番上の布が汚れたときに、2枚目の布を今度は一番上にするとキレイな面が使えます。

布ナプキンのデメリット

1.洗う手間がかかる

布ナプキンを洗うのがめんどくさい、これが布ナプキンへ切り替えるのをためらう一番の理由だと思います。布ナプキンを扱っているサイトを見ると、布ナプキン用の洗剤を揃えたり、浸け置き用の入れ物を用意したり、いろいろ大変そうに見えますが、実はそんなことはなく、面倒くさくないからこその布ナプ暦10年継続中です。

布ナプキンの推奨されている洗い方は基本的には
1.使用後は洗剤を溶かした水に浸けておく
2.浸けておいたものを手洗い
3.乾かす

ですが、私は愛用するうちに自己流になっていきました。それは
1.お風呂に入るときに、1日分の使用後の布ナプを石けんで手洗い
2.洗濯機で下着を洗うのと同じように洗う
3.乾かす

下着が経血で汚れた時と同じです♪

専用の洗剤を使ったこともありましたが、昔ながらの固形石けんもとてもよく落ちます。
容器に浸け置きしておかなくても、1日たって経血がカラカラに乾いた布ナプでも、湯船に浸かっている間や洗髪している間に洗い場でお湯をかけて置いておくと、とても洗いやすくなります。もし落ちが悪いようでしたら、酸素系の漂白剤に漬けておくとキレイに落ちます。

石けんをすすぐときは、経血がでなくなるまで押し洗いし、よく絞って洗濯機へ。
実はこんなに雑な扱いをしていますが、10年間布ナプを新調することなく、ヘタることなく使えていることに自分でもとてもびっくりしています(通常は2~3年と言われているようです^^;)でも可愛い柄がたくさあるので、そろそろ娘の布ナプデビューと共に自分用も新調しようと思います♪

2.モレが心配

布ナプキンの素材には、オーガニックコットンや綿に加え防水シートを入れているものもあるので、しっかりモレを防いでくれます。また羽付きや夜用など形も選べますので、その日の量に合わせて使うことができます。また尿漏れ用として使ったり、小さいサイズを選べばおりもの用としても使えます。

交換する感覚ですが、紙ナプキンと同じ感覚で使って大丈夫です。心配な方は最初は2~3時間おきに様子をみたり、防水シートのものを使うと安心できると思います。

使用後の扱いについて

外出時はポーチなどに入れて持ち歩き、取り替えます。紙ナプキンと同じですね。使用済みの布ナプキンは汚れた面を内側に折りたたんで収納し、防水・防臭機能のあるチャック袋や撥水加工布を使用したポーチを使用しています。

私がずっと愛用しているサニーデイズの布ナプキン

サニーデイズさんの布ナプキンの特徴は、素材・機能性・デザインにこだわっているところ!初めて布ナプキンを使ってみようと思ったときに、まず可愛さが目にとまり、素材や機能性も優れていたので購入しました。使ってみると生地感がとても気持ちが良いのと、使い方がシンプルで簡単だったこと。紙ナプキンと素材が違うだけで使い方は一緒。布ナプキンに不安のある方は、まず経血が少量のときに試せる小さいサイズのもので試させる漏れの不安が軽減できるかと思います。

試しやすいパック&割引になっているものが何種類かあるし、一人1回限定で1枚500円で何枚でも購入できるお試しセットもあるので、ぜひ試してみてくださいね^^

◆布ナプキンについてはこちらも^^

アトピー改善や冷え性対策におまたカイロで温活!

災害時の生理ケアに手作り布ナプキン!アトピー冷え性改善に布ナプキンを!

 

◆他にもアトピー改善に気をつけたことや化粧品など書いています^^

口コミ1位のシェルクルールのクレンジング!アトピーでも使えた化粧品

アトピー改善で脱ステに使ったデトックスできるビーワン化粧品とは

アトピー冷え性対策に湯たんぽで体の芯から温活 | しもやけも治った!

 

 

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました