アトピーでも使えたシェルクルールの化粧水、ダメージ肌の肌力アップ

アトピーもちの私は、できるだけ肌に優しい化粧品を選ぶようにしています!シェルクルールは、クレンジングがとても気に入り、それから化粧水なども購入してみました^^肌が柔らかくなり、ワントーン明るくなったように感じています。

今回はシェルクルールの化粧水についてご紹介してみたいと思います!クレンジングについてはこちらに書いていますので、よかったら後で見てみてくださいね^^

アトピーでも使えたシェルクルールのクレンジングでしっとり柔らか肌!

スポンサーリンク

アトピーでも使えたシェルクルールとはどんな化粧品ブランド?

シェルクルールとは、すべて天然成分とバイオ成分を中心とし、アレルギーを誘発する可能性のある素材や、一次刺激を発生させる可能性のある原料は極力控えてつくったという化粧品。

合成界面活性剤やタール色素など、アトピーや敏感肌には避けたい成分は使用せず、そして何より肌の力そのものを再生することを考えている化粧品です。

シェルクルールーには3つのシリーズがあります。

スポンサーリンク

肌本来の素肌力を高めたいならナチュレポウシリーズ

アトピーや肌荒れ、ニキビや美白など肌トラブルを改善したい方などは、こちらの基本のシリーズ「ナチュレポウ」シリーズがおすすめ。肌の再生力が一番高いシリーズで、特徴は化粧水をコットンパックでしっかりと浸透させること!

しっかり保湿で乾燥対策を重視するならナージュポウシリーズ

水分不足と日焼けによるくすみを防ぎながら、キメを整えてお肌を健やかに保つための基礎化粧品です。お肌の深層部まで浸透しうるおいと透明感のある肌へと導きます。

肌が乾燥し保湿力を一番重視したい方や、コットンパックがネックな方には「ナージュポウ」シリーズがおすすめ。特徴は化粧水の保水力が高いため、コットンパックせず手でつけられること。こちらを手で付けたあとに、先ほどのナチュレポウの化粧水を手でつけてあげても相乗効果でとても良いそうです。

優しい全身ケアシリーズのトータルケア・ハーブシリーズ

良質のハーブを使用したトータルケアシリーズ。アロマテラピー効果とバイオ成分のダブル効果で、カサついたからだにうるおいを与えるというもの。

こちらはシャンプーや、全身に使える馬油クリーム(→桃肌爽はこちら) などがあります。

アトピーにおすすめなシェルクルールの化粧水は?

ナチュレポウシリーズの化粧水リプライローション

こちらの化粧水は、自分の肌を元の健康な状態に戻せなくなってしまった方の肌を回復するために作られたもの。肌に力が無くなり肌トラブルが続く、又はどんどん悪化している方におすすめのものです。

成分も、色素や香料、界面活性剤、アルコールを含まず、甘草のエキスとビフィズス菌の代謝物が含有されている化粧水です。使用感を良くしたりしっとり感を高めるための添加物も一切入っていないので、さっぱりした感じがあります。

肌トラブルの多い肌を回復させるためには最低3ヶ月くらいかかるそうです。医薬品ではないので即効果は出ませんが、皮脂腺の働きが正常になり肌の力が元に戻ってくると、ニキビなどの肌トラブルのない肌になってきます。肌の力が回復したら、そのまま使い続けてもいいですし、ナージュポウシリーズの化粧水に変えてみたり、両方使いも良いと思います。まずは肌の力を回復させることを優先とした化粧水です!

シェルクルールの化粧水の効果的なスキンケア方法

購入するときに店員さんがより効果的なスキンケアのコツを教えてくれました。
それはコットンパックできちんと浸透させるというもの。

「めんどくさい!そんな時間ない!すぐ化粧水が無くなる!」と思いませんか?
そうなんです。実際使ってみても、その通りです^^;

でも試しに一度コットンパックをしてみたら、その使い心地に続けてみたくなり、朝は時間が厳しいのでナージュポウの化粧水を手でつけて済ませ、夜はナチュレポウの化粧水でコットンパックを毎晩やっています。コットンパック後は肌がひんや~り!浸透しているのを実感できます♪それではリプライローションの使い方をお伝えします♪

コットンパックのやり方

それではコットンパックをするときの注意点も含めて書いていきたいと思います♪

1.クレンジングと洗顔を済ませる

2.洗顔後すぐに乾燥しないようにリプライローションを手で顔につける

3.リプライローションをコットンにたっぷりめに含ませ、1枚のコットンを5枚ほどに薄く剥がします。剥がしたコットンを少し引き伸ばすようにお顔に貼布し、5分程しっかりと湿布します。

<この時の注意点>湿布の時間が長過ぎるとせっかく浸透させた水分がコットンに戻ってきてしまうとのこと。おでこにあてたコットンが乾ききらないうちの5分程でコットンをはずします。

4.湿布後は弱油性のクリームなどを薄く延ばす程度で仕上げ、無駄に皮脂腺を活性しないようにします。

 

私はコットンに残っている化粧水がもったいないので^^; それを首やデコルテ、手の甲につけたりします。コットンパック後は通常の美容液や保湿クリームをつけています。

コットンパックに使うコットンですが、シェルクルールからも専用のコットンがでています。層になっているので5~6枚にはがしやすく、大判なので頬に1枚で済むくらいに伸びます。

ちなみに、コットンが真っ白だったので店員さんに確認しましたが、漂白剤を使用していない無漂白のものとのことで、アトピーでも安心して使用できますね。

アトピーの私でも使えたシェルクルールの化粧水を使った感想

私は今はアトピーもだいぶおさまっていますが、脱ステロイドを始めたときは、デトックスできるビーワンという化粧品を使いました。
アトピー改善に脱スデでデトックスに使ったビーワン化粧品とは

ビーワンで脱ステロイドでき、10年ほど愛用したおかげかアトピーもおさまってきたため、やさしい成分の化粧品で、もっと保湿や美白がしたいと思いシェルクルールに辿り着きました。

私の場合、まずビーワン化粧品の中でクレンジングだけシェルクルールのクレンジングに変えました。「このクレンジングはすぐに効果がわかるくらい本当に良いんですよ~!」と店員さんは言っていたけれど、実際どうなんだろう??と思って使ってみましたが、あれ?肌が柔らかい気がする・・気のせい?と思って数日使っていました。
アトピーでも使えたシェルクルールのクレンジングでしっとり柔らか肌!

そして、うん、やっぱり良い気がする!と思って、次にオススメされていた化粧水リプライローションを使ってのコットンパック。こちらも試してみました。

朝は時間がないので手でつけてもしっとりするナージュポウの化粧水を。夜はコツを守ってナチュレポウの化粧水でしっかりコットンパック。

肌の表面が潤うのとはまた違う、肌の奥からひんやりと潤っているのが感じられます。キメが整い、ニキビが出来にくくなりました。店員さんは使っていたら肌がワントーン明るくなったと言っていましたが、私もキメが細かいと言われるようになってきました!

脱ステした私の場合ですが、アトピーなど顔に何かしらの症状が出ている方には、まずはビーワン化粧品などでデトックスして有害物質をある程度出し切り、次に、症状も出なくなりもっと保湿や美白など肌力を高めたくなった時にシェルクルールを使ってみる、そんな使い方が私は良いと思いました。

アトピーなどの症状が特にない方も、肌力を高めるために、ビーワン化粧品、シェルクルール、ともにオススメです☆

アトピーもちの私のおすすめ化粧品♪

アトピーでも使えたシェルクルールの化粧下地はカバー力がすごい!

アトピーでも使えたエトヴォスの化粧下地でツヤ肌メイク!

アトピー改善に脱ステでデトックスに使ったビーワン化粧品とは

 

シェルクルールのトライアルセットもあります♪

最初に購入したのはトライアルセット。アトピーや敏感肌の方はまずこちらでお試ししてみるといいかも。私はこれで使い心地が気に入りました。

◆他にもアトピー改善に気をつけたことなどを書いています。参考になると嬉しいです^^

アトピーの色素沈着やシミ対策にミュゼのプラセンタ原液で黒ずみ対策!

アトピー改善や冷え性対策に生理用の布ナプキンで生理や生理痛の軽減も!

アトピーでも使えたリップクリームでしっとり潤う唇へ!

 

スポンサーリンク

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました