アトピー食事で気を付けた精製された白い砂糖や小麦粉は体に悪い?

私は大人になってからアトピーが発症!アトピー改善に向けて食事や化粧品など身の回りのものを見直し、10年くらい経った今ではすっかりアトピーも出なくなりました^^

アトピーを治したくて気をつけたことをこちらのブログで綴っています。今回は精製された白い食品について。よく体に悪いと言われている砂糖とか小麦粉とか、本当に悪いのかな??

スポンサーリンク

精製された白い食品は栄養価が低い?

精製された白い食品は、栄養分を削られてしまうため栄養価が低いと言われています。

例えば白米や砂糖や小麦粉。

精製される前の穀物はタンパク質やミネラル、炭水化物、脂肪、食物繊維など体によい栄養素がバランスよく含まれていますが、どれも見た目や美味しさを考えてあえて削り落として白くしています。

スポンサーリンク

精製された白い食品の意外な盲点!

白い食品は精製されたものだけではありません。実は見た目を良くするために漂白剤を使って白くされた食品もあるんです!

鮮度が落ちたり酸化して変色したもの、又は自然のままの色ではきれいではないものなど、色が悪いと売れにくいので薬品を使って白く漂白します。漂白だけではなく、美味しそうに見栄えとよくするために着色料を使って色を着けることも多くの食品で見られます。漂白されていると真っ白になりますし、着色されていると鮮やかな色合いで見た目にも華やかです。

お米で言えば玄米、小麦粉で言えば全粒粉、砂糖は精製されてない状態は薄茶色をしています。雑穀は全て色がついています。塩もミネラルなどが含まれている塩は少し色が濃いものです。ただ、茶色くするために白い砂糖にカラメル色素で着色するなどの食品もあるようですので、見た目で判断せず成分表示は確認して購入することをおすすめします。

精製された白い食品 白米で気を付けたこと

田んぼでできたお米は黄色い殻に包まれていて、この殻つきのお米を「籾(もみ)」と言います。この籾の殻を除去することを「籾すり」と言い、こうして取出したお米を「玄米」と言います。玄米はぬか層に包まれており、このぬか層のぬかを除去することを精米といい、精米されたお米を「白米」と言います。

精米することで、固い殻がなくなるので柔らかくもちもちとした食感になり、消化吸収もよくなります。また白くなることで見た目にも美味しそうに見えます。ただ、削り取ってしまったぬか層に栄養素がたくさんあるので、白米は栄養価が低いと言われています。

玄米は白米に比べて食感が固くパサパサになりやすく、消化吸収を考えるとよく噛むことが必要になります。よく噛むことが難しい子どもやお年寄りなどには気をつけたいところですが、よく噛むことで食べすぎを防止できるという面もあります。

玄米には、玄米を削る割合をかえた三分つきや五分つき、七分つきなどもありますし、白米と玄米をブレンドする方法もあります。また、胚芽を残した胚芽米だと玄米ほど、雑穀をブレンドするのも良いと思います。

こちらにもお米について書いています☆

アトピー改善にお米について気を付けたこと!お米のメリット・デメリット

精製された白い食品 砂糖で気を付けたこと

砂糖はサトウキビや甜菜などの作物を煮詰めて作られますが、この時に製法の違いで二つに分けることができます。

そのまま煮詰める製法でできるのが「黒糖」「黒砂糖」「和三盆糖」。ただ甘いだけの砂糖とは違い、独特な風味やコクを持っています。そしてカルシウム、鉄、カリウムなどのミネラルも含むと言われています。

それに対し、不純物を取り除いてできるのが「上白糖」「三温糖」「グラニュー糖」など。不純物を取り除く際にミネラルなどの栄養素も取り除かれてしまうので、白砂糖は栄養価が低いと言われています。

三温糖は茶色い砂糖では?と思われるかもしれませんが、これは上白糖を取り出した残りの部分、そして加熱を3回することで茶色く変色しているので、白い砂糖に分類されます。

ただ最近では、白砂糖も茶色い砂糖も、栄養価にそれほど違いは見られないとする見解も増えていますが、栄養価の他に気をつけたいのが吸収の仕方の違い。

白砂糖は精製度が高いので、吸収が速く、インスリンの分泌が間に合わないので血糖値が急上昇します。そしてインスリンの量はいったん増えるとすぐには減らないので、こんどは低血糖になります。するとまた砂糖がほしくなるという中毒性や、血糖値の急激な上昇や下降にもつながるので体に害があると言われています。それに比べ茶色い砂糖は、吸収がゆっくりなので血糖値の急激な変化が起こりにくいとされています。

こちらでも砂糖について書いています☆

アトピー改善に気を付けた白砂糖は体に悪いは本当?

精製された白い食品 小麦粉で気を付けたこと

小麦粉は、栄養のある表皮や胚芽を取り除いたものがいわゆる小麦粉と呼んでいる白い色のもの。精製する前は全粒粉という少し茶色がかった状態です。お米の白米と玄米の関係と一緒ですね。

小麦はふすま、胚芽、胚乳からできています(全粒粉)。ここから胚乳だけを精製して取り出したのが小麦粉です。

精製された白い小麦粉の何が問題なのか?取り除いた部分に食物繊維や鉄分、ビタミンなどの栄養素があります。これらの栄養素は炭水化物を摂った時の正常な消化・吸収に必要な栄養素なのです。砂糖と同じように、精製されることで消化吸収のスピードが早すぎてしまい、血糖値の急激な上昇につながり体への負担が大きくなってしまいます。

最近では全粒粉もスーパーに売っていますし、全粒粉を使ったパンなども売られています。私も自分でパンを焼くときは、全粒粉を混ぜたり、そして農薬(ポストハーベスト)を考えてできるだけ国産だったり、地元のものを購入させて頂くようにしています。国産や地元のものは水分も多めで美味しいです。

小麦粉はパンや麺以外にも、衣や調味料など思っている以上にあらゆる食品に使われていてびっくりします。排除するのは厳しいので、少しでも体に良いものを美味しく頂けるよう工夫していきたいです☆

◆他にもアトピー改善に気をつけたことや、敏感肌でも使えた化粧品なども書いています。よかったら覗いてみてくださいね^^

アトピー改善に牛乳で気をつけたこと、牛乳は体に悪いは本当?

アトピー改善にルイボスティーを飲むようにした理由!ノンカフェインの健康茶

アトピーでも使えたエトヴォスのハイライトで上品なツヤ肌メイク!

 

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました