アトピー改善にコレステロールを摂った理由、コレステロールは控えるべき?

元々アトピーだった私は、体質改善するのに食生活を見直しました。そのときに知った油のはなし、コレステロールの話。

私はアトピー改善に向けてでしたが、ダイエットや美容など、体の健康を考えている方にも参考になればうれしいです^^それでは今回はコレステロールについて☆

スポンサーリンク

コレステロールは控えるべき?

コレステロールときくと、控えなくては!数値を下げなくては!と思う方が多いと思います。しかしコレステロールには、控えたほうが良いコレステロールと、摂取したほうが良いコレステロールがあります。

スポンサーリンク

悪玉コレステロールとは?

まずは悪玉コレステロール

これはみなさんご存知、こちらは控えたほうが良いコレステロールですね。

悪玉コレステロールとは、コレステロールの運搬役で、血液にのって全身に運ばれます。血液中のコレステロールが大量に増えると、使われなかった分は血液中に残ってしまい、それが血管にしみこみ酸化すると動脈硬化の引き金になってしまいます。血液がドロドロになり、血栓ができやすくなってしまうとよく聞きますよね。

善玉コレステロールとは?

それに対して、善玉コレステロール

こちらはコレステロールの回収役で、血液中に残ったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割があります。

回収されたコレステロールはホルモン、胆汁酸の材料になったり、不要な分は排泄されます。サラサラ血液がいいといいますが、そのために欠かせないコレステロールなんですね。

こういった役割の違いがありますが、ひとくくりに「コレステロールは摂らないほうがいい」とされているように感じます。

控えるべきは酸化したコレステロール

悪玉コレステロールが悪者扱いされておりますが、最近では、酸化したコレステロールに気をつけましょう!と言われてきています。ではどんな食材に気をつけたら良いのか?

・レトルト食品やイクラの瓶詰めなど、長期保存した物
・電子レンジや高熱で何度も温めなおした食品
・何度も揚げなおした天ぷらやフライ(油が酸化しています)
・天日干しした干物(紫外線や空気に長時間さらされた物)
・マヨネーズやバターの劣化部分(濃い黄色や透明に変色した部分)
・肉や魚の焼き焦げ部分
・マーガリン
・ショートニング
・ファストフード

こうみると、普段食べているものによく含まれていたりと、なかなか酸化したコレステロールを一切摂らないというのは難しいです。なるべく手作りしつつも、抗酸化作用のある食品を摂って酸化を防ぐようにしたいですね!

悪玉コレステロールを増やさないためにも、善玉コレステロールを増やす効果がある油・オメガ3についてはこちら☆
ダイエット中にも積極的に摂りたい、血液サラサラ油オメガ3!アトピー・が異質改善

コレステロール値が正常化かどうかは割合でチェック

健康診断や血液検査を受けたときには、コレステロールの数値が正常範囲内かどうかが気になりますよね。でも、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの割合をみてみてください。

なぜなら悪玉コレステロールが少なくて喜んでいても、回収役の善玉コレステロールも少なければ意味がないですよね。

その反対に、悪玉コレステロールが少し多くても、回収役の善玉コレステロールも多ければ、急いでコレステロール値を下げる薬を飲んだりなどもする必要が無いかと思います。

割合のことをLH比といいますが、計算はこちら↓↓

LDL(悪玉)コレステロール÷HDL(善玉)コレステロール

 

いかがですか?出ましたか??出た数値をみてください、2より上ですか?下ですか?

LH比の目安となる数値は2

この数値よりも高い場合は動脈硬化のリスクが上がり、2.5を超えると心筋梗塞などのリスクも増えると言われています。血液検査をしたらチェックしてみてくださいね☆

ダイエットや健康には、油やコレステロールは控えるべきとされがちですが、摂るべき油やコレステロールもあるんですね!私はこれを意識しながらアトピー改善に向けて体質改善しています☆

 

◆他にもアトピー改善へ向けて気をつけたことなどを書いています^^

アトピー・体質改善・美容に「ゆうき酢」で疲労物質を溜め込まない!体の中からきれいに

ETVOSのアイシャドウはカラーも豊富で発色も良し!アトピーでも使えたミネラル化粧品

良質な油を摂ることは脳にもよかった!アトピー改善に気を付けた食事

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました