アトピーおすすめ肌に優しい手荒れしない食器洗い洗剤

元々アトピーだった私は、体質改善するのに食生活や、洗剤などの化学物質を見直しました。今回はそのときに知った石けんや洗剤の話。

私はアトピー改善に向けてでしたが、健康や美容を考えている方にも参考になればうれしいです^^

スポンサーリンク

アトピー・敏感肌の手荒れ対策!その洗剤、大丈夫?

手荒れ対策として、まず思い浮かべるのが「ハンドクリーム」。ハンドクリームで保湿することも大切ですが、その前に、そもそもどうして乾燥がひどくなるのか??

私は冬になるとお湯を使うせいか、どんどん油分がなくなり、赤ギレになり血がにじみ、とても辛い時期がありました。でも、ハンドクリームでケアし、食器を洗う時はゴム手袋をするしかないと、そう思って我慢していました。

ハンドクリームを考える前に、洗剤を考えて見ませんか?

水(お湯)に触れている時間が長いのが食器洗い。今は油ものもサッと落ちる、強力な洗浄力の洗剤がたくさんあります。食器の油分をサッと落とすには、洗剤の中に入っている「合成界面活性剤」という成分が活躍します。食器の油分をサッと落としてしまうくらい強い洗浄力があるので、もちろん手の油分もよけいに落としてしまいます。

合成界面活性剤、これは何かというと、普段混じり合うことのない水と油を混ぜようとするもの。水と油が混ざるので、それで食器の油を浮かせて落とします。大切な役割をしていますが、いろいろな害もあり、私は気をつけているものの一つです。

それについてはコチラをご覧いただけるとありがたいです。

界面活性剤を食べている?アトピー改善で気を付けた化学物質

スポンサーリンク

手が潤っている喜び!いつまでも若々しい手

合成界面活性剤が手の油分まで奪っていたために、手の乾燥がひどくなり赤ギレまで…そう知ってから、合成の食器洗い洗剤をやめました。ボトルに成分表示があります、そちらに界面活性剤を使用しているものは表示されています。今お使いの洗剤を見てみてください。

では、合成の食器洗い洗剤の代わりに、何を使ったらいいのか??私がその代用として使っているのが「石鹸」。石鹸にしてからというもの、赤ギレとは無縁になり、手の乾燥もしなくなりました☆

そしてこの石鹸ですが、思いのほかしっかり汚れが落ちます!

まずは汚れの少ないコップなどから洗っていきます。そしてお皿についた油分くらいでしたらきちんと落ちます。フライパンなどの汚れになると一度ではきついですが、二度洗いでスッキリと落ちます。二度洗いが手間に感じるかと思いましたが、手が荒れていた時の辛さを思うとなんともありません!むしろ泡がきめ細かくて気持ち良いです。

そしてもう一つ心配なのが、合成界面活性剤の食器への洗い残し。

合成の洗剤だと泡切れもよくサッとすすいで洗えた気になってしまいます。洗い残した成分が体に入ることも気になりますが、石けんはその点も安心です。

石鹸は体に優しく、洗浄力も高く、さらにコスパも良いんです♪

アトピー・敏感肌の私でも使えた!おすすめの食器洗い石鹸

食器洗いの石鹸、スーパーでも結構いろんな種類がおいてあります。固形のものから、液体のものまでさまざま。私は固形のものの方がスッキリと洗えるような気がしています。

私のおすすめ☆まずはスタンダードはシャボン玉石鹸固形のせっけん

純石けん分99%と非常に高濃度で洗浄力が高く、純石鹸なので敏感肌の方でも安心。

液体タイプ

食器洗い機専用のせっけん

こちらはミヨシの液体せっけん

香料・着色料・防腐剤など無添加。天然素材(なたね油・パーム核油)生まれの純石けん。

植物油を原料にした無香料・無着色、合成界面活性剤も不使用です。こちらはパックスナチュロンの液体せっけん

手は特に年齢の出やすいところ。そして意外と知られていないのが、皮膚からも化学物質は吸収され体にたまるということ。「石けん」での食器洗い、手洗い、ぜひ試してみてください^^

◆皮膚からの吸入「経皮毒」についても書いています☆

意外な盲点!経皮毒とは?アトピー改善に気を付けた化学物質

◆石けんについて、こちらにも書いています☆

合成洗剤と石けんの違い!シャボン玉石けんについて☆アトピー改善ブログ

 

グルテンフリーに!大豆粉のパンケーキミックスで作ってみた!腸活でアトピー改善

すごい梅干効果!ダイエット・便秘・疲労回復に!アトピー改善で気をつけた食事

ETVOSのアイシャドウはカラーも豊富で発色も良し!アトピーでも使えたミネラル化粧品

 

 

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました