アトピーと思ったら花粉皮膚炎かも?肌の痒みの原因と対策法

アトピーと思ったら花粉皮膚炎かも?肌の痒みの原因と対策法

もともとアトピーだった私は自分で脱ステロイドや体質改善を実践して大人アトピーを治しました。でも最近、目の周りが痒いな〜と思っていて、もしかしたら花粉皮膚炎かも?と思い調べました!

新たに注目され始めている春先に気をつけたい花粉皮膚炎とその対処法をご紹介します!早めの対策で花粉皮膚炎を少しでも軽減しましょう!^^

スポンサーリンク

花粉皮膚炎とは?

最近認知されてきた花粉皮膚炎。鼻水が止まらない、喉が痒いなどの花粉症とは違い、花粉の時期になると顔や首がムズムズしたり、痒みや赤みが出るという花粉皮膚炎。

これは肌が乾燥して荒れていると、肌のバリア機能が低下、荒れているところからアレルゲンが入り込み、アレルギー反応として炎症がおこり、痒みや赤み、黒ずみといった症状として現れたものです。

肌に花粉がつかないようにすることが大切ですが、顔は常に露出している部分。まずは自分の症状が花粉皮膚炎なのかチェックし、そして自分でできる対策も行いましょう!

花粉皮膚炎かチェックしてみよう!

一つでも当てはまると花粉皮膚炎の疑いあり。全て当てはまると花粉皮膚炎の可能性が高いです。

・2〜4月にかけて症状が出る

・顔や首だけが痒くなったり、赤みが出る

・2〜4月にかけて化粧ノリが悪くなったり、いつもの化粧水がピリつく。

あくまでも目安なので、薬を使う場合はきちんと皮膚科にいって診断&処方してもらいましょう!

自分でできる花粉皮膚炎の対処法

大切なのは花粉を肌に付けないことと、肌を保湿すること!肌のバリア機能を高めアレルゲンの侵入を防ぎましょう!

まず花粉を肌につけないようにするには2通り。

1.外出時に、帽子で髪の毛につくのを防ぎ、メガネ、マスクで顔を保護、スカーフで首元の露出を防ぐ。これだと家にあるもので対応できそうですね^^

2.花粉を寄せ付けない肌をガードするスプレーが売っているので、外出時に顔や頭にスプレーをして出かける。これだとオシャレも楽しめて気軽ですね^^

また、化粧を厚塗りすることで肌をガードしよう!と思う方も多いと思いますが、これは肌への負担が増えるのと、メイク落としで洗い残しがあったり、こすってしまうことで肌へ負担になったりと、あまりオススメではありません。

特に皮膚の薄い目の周りは、こするとよけい痒みがでたり、ヒリヒリしたり、また色素沈着してしまう可能性もありますので気をつけたいところです!

次に肌の保湿ケア!女性なら普段から保湿ケアをしているのでピンときやすいですが、男性はあまり習慣がないかもしれませんね。でも基本の保湿ケアは簡単!化粧水と油分のあるクリームをしっかりと塗ってあげます。

それでは花粉皮膚炎対策の保湿ケアのポイントをご紹介します^^

1.帰宅後、すぐに洗顔する。

水で洗うだけでも90%花粉が落とせます。忘れがちな生え際や小鼻の周りもしっかり洗います。洗顔フォームを使う際はすすぎは20回以上、以外と多いですよね。石けんかすの洗い残しは皮膚炎の悪化にもつながるので、しっかりとすすぎます。また首も洗うか、濡らしたタオルでふきます。

2.洗顔後は化粧水と油分のあるクリームを塗る。

化粧水をコットンでつける場合と素手でつける場合がありますが、素手の方が力加減ができるので肌へ優しく付けてあげることができておすすめです。首の保湿もお忘れなく!

 

この時期花粉症&花粉皮膚炎が出てしまうととても辛いと思います。私は10年前に体質改善をしようとアレルギー検査をした時、シラカバ花粉の数値が正常の100倍と出てしまい医者にびっくりされました。

でも花粉症の症状は春先の2週間だけ、掃除機をかけるとくしゃみと鼻水がとまらない程度で、とても軽いものでした。もしかしたら体質改善を始めた頃だったのでデトックス(排出)として数値が高まっていたのかな?とも思います。

それから体質改善を続けていたおかげで、翌年の春には花粉症の症状は一切出ず、それからも一度も出ていません。結局は、アレルギー体質を自分で改善していくことが、花粉症なりアトピーなり、様々なアレルギーを完治する方法なのかなと思います。

食品添加物や洗剤など化学物質の摂取&排出(デトックス)や、腸内環境の改善など、さまざまな体質改善を行っています。こちらのブログではそんなアトピーを完治した体験談をご紹介していますので、よかったら合わせて読んでいただけると嬉しいです^^

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました