アトピーの手荒れが改善!おすすめ洗剤やハンドソープ

アトピー手荒れ対策に使った洗剤やハンドソープおすすめ!

大人アトピーが発症してから、脱ステロイドするべく体質改善に取り組み、2年ほどでアトピーもほぼ治り、10年以上経った今ではすっかり完治しました^^

今回はアトピーや乾燥による手荒れについて、薬を使わずにどんな対策をとったのか、化粧品や洗剤について体験談をご紹介します。

何から取り掛かろうかと迷ったら、まずはぜひ石けんを変えてみてください^^

スポンサーリンク

アトピー手荒れ対策に使った食器洗い洗剤

手荒れ対策として、まず思い浮かべるのが「ハンドクリーム」。ハンドクリームで保湿することも大切ですが、その前に、そもそもどうして乾燥がひどくなるのか?あかぎれをおこすのか?

私は冬になるとお湯を使うせいか、どんどん油分がなくなり、赤ギレになり血がにじみ、とても辛い時期がありました。最初はハンドクリームでケアし、食器を洗う時はゴム手袋をするしかないと思って我慢していました。

そんな時にアトピーを改善しようと洗剤を見直し石鹸ベースの洗剤を使ったことで、でみるみるうちに手荒れが改善していきました!

洗剤の中でも手が長く触れている食器洗い洗剤

今は油ものもサッと落ちる、強力な洗浄力の洗剤がたくさんあります。食器の油分をサッと落とすには、洗剤の中に入っている「合成界面活性剤」という成分が活躍。食器の油分を落とすだけなら良いのですが、手の油分まで落としてしまいます。

合成界面活性剤とは、普段混じり合うことのない水と油を混ぜようとするもの。水と油が混ざるので、それで食器の油を浮かせて落とします。大切な役割をしていますが、いろいろな害もあり、私は体質改善をするのに気をつけているものの一つです。

私の手荒れが改善した洗剤はこちらです♪油汚れも落とすけど手は突っ張らないので気に入っています^^

純石けん分99%ととても高濃度で洗浄力が高く純石鹸なので敏感肌の方でも安心。液体や食洗機用もあります^^

アトピー手荒れ対策に使ったハンドソープ

ハンドソープも石けんがベースになっているものに変えました。

石けんベースといっても固形だけじゃなく、液体や泡が出るタイプのハンドソープもあります。もちろん固形石けんもOK♪

私は子供と一緒に使いたかったのと、やっぱり便利なので泡タイプのハンドソープを愛用^^

ひどり手荒れが治ってからは、天然香料や見た目もオシャレなこちらも愛用しています^^雑貨屋さんでもよくみかけます♪

アトピー手荒れ対策に使ったハンドクリーム

アトピー改善には保湿が大事と言われたり、脱保湿の方が良いと言われたり様々ですが、私は乾燥に耐えられず保湿をしていました。

アトピーや手荒れの改善には、洗剤やハンドソープを石けんベースに変えたことが一番大きかったと思いますが、ハンドクリームも肌に優しいものに変えました。

日中使っていたハンドクリームは、HABAのハンドクリーム。香りもなくつけていて気にならないのが気に入っていました^^

夜の眠る前にはもっとしっとりするオイルを指先に薄く塗ります。薄く塗ることでオイル特有のベタつきも気にならず^^

私のお気に入りは、口内炎にも塗れるくらい安全性の高いオイル!フタをあけると唇に塗りやすいリップ形状になっています。グロスのかわりにもオススメ^^

手荒れとともに気になるのが、あの痛〜いサカムケ!

さかむけ予防にはスクワランオイルなど液体のオイルを使い、指先の爪と皮膚の間に擦り込むように揉み込みます。

爪にスジができることがあると思いますが、それは爪が乾燥している状態。オイルを揉み込むことで爪の乾燥対策にもなり、爪先まで綺麗な手になります^^

先ほどのオイルの他に、HABAのスクワランオイルをオススメ。ミニボトルはポーチにも入り携帯に便利です♪

アトピー手荒れ対策に使った日焼け止め

アトピーや手荒れの悪化を防ぐにはUV対策も大切。かといって日焼け止めは刺激の強いイメージがあり使うのを迷います。

私のアトピーや手荒れが悪化することなく使えた、低刺激で肌に優しい日焼け止めはマミーの日焼け止め。子供と一緒に使えるし、ボトルや携帯しやすいミニサイズもあるので重宝します!

手や指先は何かと人目につくので気になるところですが、ハンドクリームを塗っていれば安心とついついおろそかにもしがち。

アトピーや敏感肌にはそのハンドクリームでさえ刺激になる場合も多く、子供やペットなど大切な人に触れたり料理もするので薬の使用は控えたい。

私は根本から治したいと思い洗剤や化粧品を見直しました。まずはぜひ石けんを使うようにしてみてください!それだけでもだいぶ手荒れが改善しました^^

同じ症状で悩んでいる方に少しでもお役に立てると嬉しいです^^最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました