アトピー完治ブログ | 美肌ケアに大切な酵素と腸内環境改善

アトピー完治ブログ 美肌ケアに大切な酵素と腸内環境改善

大人アトピー発症後、自分でアトピーを治そうと脱ステロイド&体質改善をしてアトピーを治しました。

アトピーを治すには体の中からキレイにしようと、体に入れるもの、そして既に体に蓄積されている有害物質を体から出すことを意識した結果、健康診断では血液のキレイさに驚かれるほどになりました( ´ ▽ ` )

今回はアトピー改善に向けて意識した食事の中で、特に大切な酵素と腸内環境についてご紹介していきます^^

スポンサーリンク

酵素を大切に考える理由

人間の体を維持する上で欠かせない「酵素」。例えば消化酵素という名前を聞いたことがあると思いますが、消化酵素は食べたものを小さく分解し体内に吸収できるようにしてくれます。

酵素は体内でつくられますが、人が一生のうちに作ることができる酵素の量は限られているといわれており、年齢とともにその量も減少していきます。

限られた量の酵素は、生命を維持するのに必要なところから使われていきます。例えば髪の毛は生命維持には関係ないので、もし酵素が足りなければ髪の毛の色を作る酵素は後回しにされてしまい白髪になってしまうと言われています。

肌も同じように、酵素が不足すると皮膚の代謝にまで酵素が行き届かなくなってしまいます。美肌の人は食生活に気をつけている人が多いですが、限られた量の酵素を無駄遣いすることなく、さらに食べ物から補充してあげることが食事の大切なポイントになります!

酵素の摂り方のポイント

酵素は熱に弱いため加熱せず生か低温調理で食べるのが大切です

野菜を摂る時には生野菜を、お肉はレアで、魚は刺身やカルパッチョなど、加熱したものと非加熱のものを半々くらいの割合で食べることがおすすめなんだとか。

また果物にも酵素がたくさん含まれています。果物なら生でも食べやすいので、果物を摂る習慣をつけると良いですね^^

アトピー改善に気を付けた食事 酵素の効果的な摂り方
アトピー完治に向けて食事改善に取り組んで約10年、だいぶアトピーが改善されてきたので、体験談を書いています。食事や洗剤などの化学物質、使って良かった化粧品、脱ステロイドに取り組んだことなどをご紹介しています。

アトピー完治には腸内環境改善を

肌は体の一部にすぎず、胃が荒れると口内炎ができるように、腸内環境が悪いと肌も荒れてきます。

腸には善玉菌と悪玉菌に分類される様々な腸内細菌がいます。大切なのは善玉菌と悪玉菌のバランス!善玉菌が悪玉菌の2倍いると健康な腸と言えるようですので、健康診断の後はぜひ割合を見てみてください。

腸内細菌の比率が乱れ悪玉菌が増えすぎると、栄養吸収が正しく行われなかったり、病原菌の排除や発がん物質の分解など大切な機能が正常に作用できず様々な障害がでてきます。

それでは腸内環境を整えるために気をつけたいポイントをご紹介していきます!

食事は腹八分目!よく噛んで

お腹いっぱい!と感じるまで食べてしまうと、消化酵素が追いつかずに消化しきれなかったもので腸内が汚れ悪玉菌が増えます。酵素もたくさん使うことになるし、悪玉菌も増えてしまう、食事は腹八分目が大切です!

また、食べ物をよく噛むことでその後の消化がスムーズになり、必要最低限の消化酵素の消費で済みます。よく噛んでゆっくり時間をかけて食べることで満腹中枢が刺激され食べすぎ防止にも繋がります!

食品添加物や農薬など化学物質を避ける

食品添加物や残留農薬などの化学物質は、体に入るといらないものと認識され解毒・分解するのに大量の酵素を消費します。しかし多くは分解しきれずに残ってしまうため、さらに分解しようとして老化を早める活性酸素も発生してしまいます。

食品添加物は、外食や市販のお弁当、お菓子など、あらゆるものに使われていて、知らないうちに大量の食品添加物を摂取しています。

私が食事を見直すのに取り組みやすかったのが、まず調味料から無添加のものを使うこと。そしてなるべく家で手作りし、野菜もできるだけ有機野菜や無農薬・減農薬を選びました。

そして食材を選ぶ時は成分表示を見るようにし、徐々に食品添加物についても調べていきました。

アトピー食事に気を付けたウインナーやハムに多い添加物
アトピー完治に向け体質改善をして約10年、アトピーもほぼ治まったので体験談をご紹介しています。今回はウインナーやハムなどの加工肉について、気を付けた成分や製法などをご紹介しています。

体に良い油を選ぶ

アトピー改善に気を付けたい体に良い油悪い油

最近では「トランス脂肪酸」という言葉を聞くことも増えたのではないでしょうか。マーガリンやショートニングが代表的なものですが、それらを使って作られるパンやケーキ、クッキーなどのお菓子、また市販の揚げ油にも使われているので、知らず知らずのうちにたくさん摂取している油です。

そんなトランス脂肪酸はどんな油なのかというと、時間がたっても腐らず酸化せずカビもはえない油。心筋梗塞などのリスクを高めるとされています。トランス脂肪酸が体の中に入ると酵素がたくさん使われてしまいます。

アトピーを治した私がマーガリンを食べないようにした理由
アトピー完治に向け食事改善・体質改善をして、自分でアトピーを治した体験談ブログ。体に悪い油を知りマーガリンと食べないように気を付けました。その理由を紹介しています。
アトピー改善に動物性の脂を食べた理由、脳やダイエットに油を摂る!
アトピー完治に向けて食事改善に取り組んだ体験談を書いています。今まで体に悪いと思われていたコレステロール、実は積極的に摂りたい油があったんですね。アトピー改善に取り組んで約10年、ほぼアトピーも治まり、気を付けたことなどを書いています。

グルテンフリー

グルテンフリーでアトピー完治の体験談ブログ

グルテンフリーという言葉がだいぶ浸透してきました。グルテンとは小麦粉などに含まれるタンパク質のことで、小麦アレルギーのほか、グルテン不耐症という小麦を摂取することでグルテンが腸の炎症を起こすという病気があります。

小麦粉は長年にわたり遺伝子組み換えを繰り返してきました。そのため体に害のある食品になってしまったと言われています。

日本では10人に1人がこのグルテン不耐症と言われていますが、自分で気がついている人は少ないですが、アメリカではすでにグルテンの体への影響が知られ、レストランでもグルテンフリーメニューがあるなど浸透しています。

日本でも最近はスーパーでグルテンフリーと書かれた食品が置かれていたり、米粉の人気も高まってきています。

原因不明の体調不良や、便秘や下痢を繰り返す、肌荒れが治らないなど、もしかしたらと思う方はぜひグルテンフリーを試してみてください。

私はアトピーを治すのに体質改善を始めて1〜2年くらいでアトピーがだいぶ治りました。その後はたまに頭皮や腕にでていましたが、10年くらいたった頃に小麦粉の害をしり思い切ってグルテンフリーを試してみました。

アトピー改善にグルテンフリーで腸内環境の改善を!美容やダイエットにも
今話題のグルテンフリー。 小麦を食べないで、腸の機能を回復させ正常化させるというものですが、ダイエットや美肌、アンチエイジングなど腸を整えることで嬉しい効果がたくさんあると言われています。 私は元々アトピーがありましたが...

グルテンフリーのおかげでしつこかった頭皮アトピーがやっと治りました!試しに1〜2週間でもいいので、小麦を抜いたら不調だったところにどう変化がでるか試してみてください。

小麦粉は思いのほか様々な食品に使われています。揚げ物の衣やハンバーグのつなぎ、ホワイトソースなどなど。昔ながらの和食をイメージすると食事がしやすいですが、安価な醤油など調味料にも使われていますので、お惣菜や外食も気を付けたいところ。家で調理する時は無添加の昔ながらの製法の調味料がおすすめです。

最後に

アトピーの症状がひどく、肌がボロボロで外に出られない時期がありました。少しずつデトックスして、体内に取り込む化粧品や食事にも気をつけ、アトピーが治った今では脱ステを決意して本当に良かったと思っています。

こちらのブログでは、気をつけたことなどをいろいろ書いていますので、よかったら覗いてみてください^^

少しでもアトピーやアレルギーもちの方のお役に立てたらうれしいです。最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました