アトピー完治ブログ | アトピー肌の基本の美肌スキンケア

アトピー改善のための美肌スキンケア | クレンジングと洗顔編

大人アトピー発症後、自分でアトピーを治そうと脱ステロイド&体質改善をしてアトピーを治しました。

アトピーを治すために、肌だけじゃなく体の中から綺麗にしようといろいろと実践していましたが、結果的に美容にも繋がっていました!

今回は美肌について気をつけたことをご紹介していこうと思います^^

スポンサーリンク

アトピー肌のスキンケア

アトピーもちの私はできるだけ肌に優しい化粧品を選ぶようにしています。

石油系の化学物質を避け、できるだけ天然成分やオーガニックなど自然派コスメを使うようにしていますが、天然成分やオーガニックだからと言って必ずしも肌に合うとは限りません。

特にアレルギーのある方は天然成分にアレルギー反応を起こす場合もあるので要注意!

そして化粧品の肌へのつけかたにも注意が必要です。いかに優しく肌に触れ、そして余分な物は肌に触れないようにする。

知ってしまえばとってもシンプルですので、まずはクレンジングと洗顔からご紹介してみたいと思います^^

アトピー肌のクレンジング

素肌力を高めるのに大切なクレンジングと洗顔!

クレンジングで顔をグルグルと力を入れて洗うのは絶対だめ!特に頬骨の出っ張っているところは、力が加わると色素細胞が活性化してしまい、色素沈着の原因になります。肌の上で指を滑らせるくらいの力で優しく洗うようにします。

アトピー改善のための美肌スキンケア | クレンジングと洗顔編

クレンジングにおすすめなのがオイル。クレンジングオイルは、肌の構造を壊さないためにも、余計な物が入っていないオイルを使います。料理に使うオイルはほとんど使うことができます。おすすめは、オリーブオイル、椿オイル、太白ごま油、ホホバオイル、スクワランオイル。

オリーブオイルは洗い上がりがしっとりするので乾燥肌におすすめ。ただベタつきが気になる場合もあるのでニキビ肌には向きません。また化学処理を行っていないエキストラバージンオイルを使うようにします。

椿オイルはオリーブオイルよりベタつきます。オリーブオイル同様ニキビ肌にはおすすめできませんが、ひどい乾燥肌にはおすすめ。

太白ごま油は透明な色をしたごま油です。ゴマを炒らずに生のまま絞ったオイルです。茶色いごま油と違い香りはしません。オリーブオイルよりさっぱりと使えるので、オイリー肌やニキビ肌におすすめ。

スクワランオイルは2種類あり、オリーブからとれるものと深海サメの肝油からとれるものがあります。オリーブはしっとり、サメはさっぱりとした使い心地。さらっとしているのに保湿力があり、伸びもよく酸化しにくいのが特徴。また人間の皮脂に構造が似ているのでアレルギーを起こしにくいオイルです。

オイルだと化粧品を浮かせて洗い流すことができるので、指を滑らせるように力を入れずに洗いやすいので、ぜひいろいろ試して自分に合った物を見つけてくださいね^^

 

ちなみに、私もオイルでクレンジングが出来たらといろいろ試しましたが、残念ながらどれも唇の周りが荒れてしまい合う物が見つけられませんでした。おそらくオイル自体が合わないのかなと思ったので、ずっとこちらの化粧品を愛用しています♪

アトピーでも使えたシェルクルールのクレンジングはクチコミでも人気
アトピー完治にむけ体質改善をして約10年、今ではほぼ治まったので体験談をご紹介しています。今回はアトピーでも使えた、クレンジング部門クチコミ1位に輝いたシェルクルールのクレンジングを使った感想をご紹介。

クレンジングで特にゴシゴシしてしまいがちな目元!前もってコットンで優しく拭き取ってあげるべきですが私にはちょっと面倒くさい^^; そんな私はお湯で落ちるタイプのマスカラやアイライナーを使用しています。

アトピーでも使えたマスカラ、自まつ毛ボリュームアップのアスカ
アトピー完治にむけ体質改善をして約10年、ほぼ治まったので体験談をご紹介しています。今回はアトピーでも使えたマスカラについて。天然主義のアスカのマスカラを使っていたら自まつ毛もボリュームアップするという嬉しい効果。使用感など感想をご紹介しています。

アトピー肌の洗顔

洗顔もクレンジングと同じく、力を入れてゴシゴシは禁物!

泡立てネットを使って石鹸をふわふわに泡立て、その泡を肌に優しくのせてこすらずに泡で洗うようにします。泡立てた石鹸を肌につけるだけで、泡の吸着成分が汚れを落としてくれるので、ゴシゴシこする必要はありません。

アトピー改善のための美肌スキンケア | クレンジングと洗顔編

肌に負担をかけない洗顔におすすめなのは天然油脂から作られた石鹸!

石鹸と書いてあっても成分表示を見ると、よくわからないカタカナが並んでいたり、着色料や香料、防腐剤などが入っている物は、肌への刺激になる場合があるので避け、無添加石鹸を使うよにします。

無添加石鹸にも製法がいくつかあり、中でも冷製法という加熱していない製法のものがおすすめ。冷製法で作られた石鹸の成分表示は、オイル名と水酸化ナトリウムが表示されています。

無添加石けんと謳っている石けんはたくさんありますが、冷製法の石けんはなかなか数が少なく貴重です。

↑こちらはもともと肌が弱い家族のために作った石けん。

↑馬油の石けん。天然香料のラベンダーやローズウッド入り。

ちなみに私はアトピーが出ていた時は、夏以外の乾燥が気になる季節には、朝はぬるま湯のみで洗うようにしていました。皮脂は大切な天然の保湿成分でもあるので、洗いすぎも禁物です。

夜はどうしてもメイクを落としたいのでクレンジングと洗顔を使用しましたが、朝はぬるま湯で十分。ポイントは、小鼻の周りやおでこなどTゾーンの皮脂を優しく顔全体に伸ばす感じで洗うこと!

洗顔フォームに慣れているとすっきりしない感じが残ると思いますが、おかげで冬でも乾燥が気にならなくなりました^^こんな方法もおすすめです!

アトピー改善のための美肌スキンケア | クレンジングと洗顔編

また、見落としがちなのは洗顔後にタオルで顔を拭くとき!水分を拭き取るときは肌にタオルをあてるだけで十分。決してゴシゴシとこすらないように。

またお風呂上がりのスキンケアは、お風呂を上がる前に浴室内でまだ水分が残っている状態で、化粧水や全身の保湿クリームなどをつけると保湿力がアップしておすすめです!

アトピー完治した私流、化粧品との付き合い方

アトピー完治に向け体質改善した体験談ブログ

アトピーがひどい時のスキンケアは、脱ステをしようとデトックス(毒素の体外排出)できるビーワン化粧品を数年使い、ある程度よくなってきたら、もっと美白や保湿をしたくなったので肌の基礎力を高めるシェルクルールを使いました。

メイクも肌に優しいものを試した中で、ビーワンやシェルクルール、エトヴォス、HABAなどを気に入って使っています。

アトピーの症状がひどく、肌がボロボロで外に出られない時期がありました。少しずつデトックスして、体内に取り込む化粧品や食事にも気をつけ、脱ステを始めた当時に比べたら今では本当に状態が良くなりました。

脱ステをして10年経ち、アトピーの症状はたま〜に出るくらいでしたが、最終的にはグルテンフリーをしたことでアトピーが完治しました。

こちらのブログでは、気をつけたことなどをいろいろ書いていますので、よかったら覗いてみてください^^少しでもアトピーやアレルギーもちの方のお役に立てたらうれしいです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました