アトピーでも使えた保湿化粧品おすすめはシェルクルールのスクワランオイル

アトピーでも使えた化粧品はシェルクルールのスクワランオイル

大人アトピー発症後、自分で脱ステロイド&体質改善をしてアトピーを完治させた体験談ブログです。

アトピーの原因は人それぞれなので、絶対これが良いよ!とは言えませんが、私が脱ステするのに役立ったことや、美肌に気を付けたことなど、友人にもよく聞かれるのでこちらのブログでご紹介しています。

今回は肌に優しい化粧品「シェルクルール」をご紹介。スキンケアシリーズの中でも保湿に活躍した高純度スクワランオイルについて。スキンケア意外にもいろいろ使えるのでお伝えします^^

スポンサーリンク

シェルクルールはクレンジングが@コスメの店頭で口コミ1位となっていたり、店員さん絶賛だったので気になっていました。

シェルクルールとは、すべて天然成分とバイオ成分を中心とし、アレルギーを誘発する可能性のある素材や、一次刺激を発生させる可能性のある原料は極力控えてつくったという化粧品。

合成界面活性剤やタール色素など、アトピーや敏感肌には避けたい成分は使用せず、そして何より肌の力そのものを再生することを考えている化粧品です。

クレンジングや化粧水などのスキンケアからファンデーションまで、一式使用していますが、つけ心地は良く、肌がピリついたり痒みが悪化することなく使えています。

なんと言っても肌の基礎力を高めてくれるのは、アトピーや敏感肌にとっても嬉しいところ!シェルクルールのスキンケアについて詳しくは別ページでもご紹介しています。

アトピーでも使えたおすすめ化粧品!肌の基礎力を高めるシェルクルール
アトピー完治に向け体質改善をし自分でアトピーを治した体験談ブログです。肌の基礎力を高めるシェルクルールはアトピーや敏感肌、乾燥肌にもおすすめ。使用感をご紹介します。

今回はその中でも高純度のスクワランオイルがとても良かったのでピックアップしてご紹介( ´ ▽ ` )

シェルクルールの高純度スクワランオイル

シェルクルールのスクワランオイルで保湿パック

シェルクルール公式ページより
高純度のスクワランをベースに添加物を一切使用しない安全性の高いエモリエントオイルです。さっぱりした使用感が特徴で皮脂膜の強化、肌あれなどに最適です。また、オイルパックとしてもご使用いただけます。』

スキンケアの仕上げにスクワランオイルを使用することで、化粧水や美容液の成分が保護されより浸透するようですが、お風呂でのオイルパックにも使えます♪

シェルクルールのスクワランオイルパック

シェルクルールはクレンジングが特に人気ですが、お風呂に入る前にクレンジングクリームをなじませ、そのまま入浴中も保湿になるという化粧品。

さらにそこにこのスクワランオイルを組み合わせることで、より保湿力が高まるそうです。使い方はとっても簡単!

シェルクルールのスクワランオイルで美白パック

この3番目のオーバーリバースというのがスクワランオイル。

入浴前にクレンジングをなじませ、ティッシュで軽くオフ、そこにスクワランオイル2〜3プッシュを重ね、入浴&シャンプーをすませ、最後に洗顔をして入浴タイム終了!

その後のスキンケアは、化粧水、美容液、保湿クリームなどを塗って、最後にスクワランオイル1プッシュで包んで、蒸発を防いでよりしっとり〜♪肌が乾燥しにくくなり調子が良いです♪

・クレンジング、スクワランオイルは濡れた手で扱わない
・ティッシュオフは優しく。
・使用量の目安
仕上げは1プッシュ、パック時は2~3プッシュ。

スクワランオイルで手荒れ予防

最近では様々なアレルギーの原因の一つに、手荒れも関係しているとわかってきたようです。

調理中に手の傷から侵入した物質を、体が異物だと判断してアレルギー反応を起こすんだそうです。傷といっても、ちょっとカサカサして白くなってるな〜程度でもなる可能性があるそうです。

皮膚からの侵入なので手に限ったことではありませんが、特に手は物に触る機会が多く、より保湿に気をつけたいところです。

就寝前や外出前など、こまめにオイルを塗るのが効果的

アトピー肌の私は、基本的にはオイルが肌に合いません。ただシェルクルールのスクワランオイルはアトピーが悪化することなく使用できており、肌も柔らかくなった実感があるので、手の保湿にも使用しています。

アトピーや敏感肌、乾燥肌の方におすすめのシェルクルール。よかったら試してみてください( ´ ▽ ` ) 最後までご覧いただきありがとうございました。

アトピーでも使えたおすすめ化粧品!肌の基礎力を高めるシェルクルール
アトピー完治に向け体質改善をし自分でアトピーを治した体験談ブログです。肌の基礎力を高めるシェルクルールはアトピーや敏感肌、乾燥肌にもおすすめ。使用感をご紹介します。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました