アトピー改善に気を付けた食事、避けたいブドウ糖果糖液糖の食品

アトピー改善に気をつけた食事はジュースのブドウ糖果糖液糖とは

自分でアトピーを完治した経験をもとに、気をつけたことなどをご紹介しているブログです。アトピーやアレルギーで悩んでいる方に少しでも参考になれば嬉しいです。

今回はアトピー改善に気をつけた食事の中でも、ジュースやアイスクリーム、調味料などによく使われている糖分「ブドウ糖果糖液糖」について。

砂糖とどう違うの?ブドウ糖って体に良さそうな名前だけど?

ブドウ糖果糖液糖の危険性を知ってから、私が気をつけていることや選んでいる商品をご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ブドウ糖果糖液糖とは?

ブドウ糖果糖液糖は、ジュースやアイス、ドレッシング、調味料などの成分表示を見ると必ずと言っていいほど入っている糖分。

調べてみると、とうもろこしのでんぷんから作られる甘味料でした。

ブドウ糖果糖液糖の害

正式名称は「高フルクトース・コーンシロップ」。フルクトースとは果糖という意味で、日本語にすると高果糖のとうもろこしのシロップになります。

これは低温だとさらに甘さが増すという特徴があるので、ジュースなど冷たい飲み物によく使われているんだそうです。

でも、砂糖ではだめなのかな?砂糖とどう違うの?と疑問がわくと思います。

砂糖を使わずにブドウ糖果糖液糖を使う理由は、砂糖より甘くて砂糖より安いということ!

またサラサラとしているため加工しやすく、保存しやすいというメリットもあり、企業にとっても砂糖よりも使い勝手が良いのです。

いろんな食材に使われるのが納得できますね。

ブドウ糖果糖液糖は「異性化糖」というものの一種になります。

異性化とは、まず原料のとうもろこしをブドウ糖の液にし、そのブドウ糖の液を酵素パワーでより甘味の強い果糖にすることです。このブドウ糖から果糖に変わった糖のことを、異性化糖と呼びます。

ブドウ糖果糖液糖と似た名前の「果糖ブドウ糖液糖」は何が違うの?

ブドウ糖果糖液糖・・・果糖の割合が50%未満
果糖ブドウ液糖・・・果糖の割合が50%以上、90%未満
・高果糖液糖・・・果糖の割合が90%以上
・砂糖混合異性化液糖・・・上記の各液糖に砂糖を10%以上加えたもの

果糖の割合の違いで分けられていました。

ブドウ糖果糖液糖とは何か、少しイメージできてきました。

でもなんでブドウ糖果糖液糖が入っていない商品を選んでいるの…?

血糖値の急上昇

血液の中のブドウ糖の濃度のことを血糖値といいますが、本来ブドウ糖は体内で分解されます。しかし異性化糖は、最初からブドウ糖と果糖に分かれているため、ブドウ糖を分解する手間がかかりません。

分解する手間のかかる砂糖などのブドウ糖は、ゆっくりと吸収されるため血糖値も緩やかに上昇しますが、体内に吸収されやすい異性化糖は血糖値の急上昇となってしまいます。

急上昇したらどうなるの?

肥満糖尿病高血圧だったり、肌荒れだったり、体の不調につながる恐れがあるし、糖尿病が原因でさらなる病気のもとになる可能性もありますよね。(心筋梗塞、脳卒中、腎臓、膀胱炎、目、神経など

また、血糖値の急上昇はその後の急降下も伴い、その結果疲れやすくなったり、気分が不安定になってしまうそう。

疲れている時は甘いもの!という気持ちもわかりますが、摂る甘みの種類を考えると良いと思います。

疲れた!お腹が空いた!とジュースやアイスをガブガブ…恐ろしいですね。昔ながらの日本のおやつを見直してみるのも良いかもしれません^^

とうもろこしの遺伝子組み換え

先ほど原料はとうもろこしと書きましたが、とうもろこしはアメリカ産であることが多く、遺伝子組み換えの可能性が高い食材です。

遺伝子組み換えは、害虫対策や雑草が生えないようにするための強い農薬を撒いても、食物が枯れないようにと改良されたもの。どれだけ強い農薬が使われているのか、残留農薬は大丈夫なのか、いろいろと心配が残るところです。

まさかジュースアイス調味料から、遺伝子組み換えとうもろこしを摂取しているとは思いもしませんでした。

依存症

糖分には強い依存性があるのはご存知の方も多いと思います。

タバコやお酒のように、糖分が切れると不機嫌になったりと不安定になることがわかっているようです。

キレやすい子、というフレーズをよく耳にした時期もありましたが、清涼飲料水が出回り、ほとんどの調味料に異性化糖が使われていたら、知らないうちに大量の異性化糖を摂取している可能性は高いと思われます。

成分表示でブドウ糖果糖液糖をチェック

スーパーで商品を手にしたら、成分表示をぜひチェックしてみてください。

最初は何が何だかわからなくても、これはなに?と思うものはたいてい添加物です。

アミノ酸等のアミノ酸って、具体的になに?
たん白加水分解物って、具体的になに?
保存料って家で作った時は入れないけど、なに?

成分表示は使われている分量が多いものから記載していきますので、一番最初に書かれている成分がメインで使われているものになります。

ジュースやアイスなどの成分表示を見てみると、一番最初にブドウ糖果糖液糖など糖分の名前が書かれていると思います。

こんな成分が書かれていたら要注意
・ブドウ糖果糖液糖
・果糖ブドウ糖液糖
・高果糖液糖
・砂糖混合異性化液糖
・砂糖混合ブドウ糖果糖液糖

私が気を付けた食品を選ぶ基準

我が家ではジュースはできるだけ果汁100%ジュース、そしてできれば濃縮還元よりもストレートジュースを選んでいます。

アイスクリームは添加物が多い食品だけど、できるだけ原料にこだわっていて砂糖を使っているものを。あとは100%ジュースを凍らせたり。今は可愛い製氷皿や、アイスの形になる棒付きの型などもありますよね^^

調味料添加物無添加で、昔ながらの製法のものを。

かき氷のシロップにもよく異性化糖が使われています。以前に砂糖が使われていて、着色料も自然の食品からとったものを使っているシロップを購入してみたことがありましたが、やはり砂糖だと甘みが深いというか、重たいというか、暑い日にサラッと食べるには異性化糖の方が美味しく感じると思いました^^;

好き好きあるとは思いますが…。いかに異性化糖がサラッとたくさん食べてしまえるか、砂糖との違いがわかる体験でした。

私の愛用 生活クラブ

私は生活クラブという生協の食材宅配を利用しています。

できるだけ農薬を避けた農産物や、国産素材を基本不要な食品添加物をできるだけ避けた加工食品など、安心して食べられる食材がたくさんあります。

調味料や冷凍食品、お菓子などいろいろあって選ぶのも楽しいです♪子どもにも安心して食べさせられます。

TV「カンブリア宮殿」でも紹介されていたんですね。こだわりの食材なのに自然食品店で購入するよりもお手頃価格だと思います。食事に気を遣われている方には、ぜひぜひおすすめの宅配サービスです( ´ ▽ ` )

わたし流のアトピー改善について

私はアトピーの症状がひどい時は、肌がボロボロで外に出られない時期もありました。少しずつデトックス(体内にたまった有害物質を排出)して、体内に取り込む化粧品や食事にも気をつけ、脱ステを始めた当時に比べたら今では本当に状態が良くなりました。

原因は人それぞれ違うと思いますし、一つとは限りません。自分なりに情報を得ながら試してみて、自分の感覚を大切にしてやっていくしかないのかなと思います。

こちらのブログでは気をつけたことなどをいろいろ書いていますので、よかったら覗いてみてください^^少しでもアトピーやアレルギーもちの方のお役に立てたらうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました( ´ ▽ ` )/

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました