アトピーを治した私が気を付けた鶏肉の選び方

アトピーに気をつけた安全な鶏肉の選び方

大人になってアトピーを発症した私は、自分で体質改善をしてアトピーを治そうと、食事や化粧品に気をつけるようになりました。

おかげで今ではすっかりアトピーも完治!体が喜ぶ食事をしようと今でも心がけています。

今回はアトピー改善に気をつけた食事の中でも鶏肉について。

2017年にブラジル産の鶏肉の不正や偽装などの問題が発覚したこともありました。改めて鶏肉を選ぶ時に私が気をつけていることをご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

鶏肉の偽装問題

スーパーの鶏肉コーナーには、国産の鶏肉のほかに、ブラジル産の鶏肉を多くみかけます。

国産より安いブラジル産の鶏肉ですが、2017年の3月下旬、安全性を検査するはずの検査官との癒着や、製造過程での不正、消費期限切れの鶏肉を加工していたなど、衝撃的な内容が報道されました。

この事件を受けて、ブラジルの21の施設を対象として捜査を開始。そのうち日本との取引をしていたのは1つの施設。その施設とは輸入を再開していないようですが、それ以来ブラジル産の畜産物についての検疫を強化しているようです。

鶏肉の危険性

ブラジル産の鶏肉は、成長を早めるためにホルモン剤を投与し、病気にならないように抗生物質を過剰に与えられた鶏肉と言われています。

また、先ほどの事件のように消費期限切れの鶏肉も臭い消しの薬品をまぶすなどして出荷していたところもあるようです。

じゃあこうした鶏肉は買わないようにしよう!と思っても、スーパーだけでなく、コンビニだったりファミレスでも使われています。そうなると避けるのが難しくなってきます。

鶏肉に使われる抗生物質

食肉専用種の若鶏(ブロイラー)は、一般的には畳一枚ほどのスペースに30~50羽も詰め込まれて育てられています。

ひよこのうちはまだ動ける余裕があるものの大きくなると過密状態になり、この状態で病気が発生すると大きな被害につながります。

そのため抗生物質や合成抗菌剤をエサに混ぜて与えて育てます。

出荷前には薬を投与してはいけない休薬期間が設けられているので、日本の鶏肉を食べる場合はほとんど抗生物質の残留はないようです。

ただ、出荷する直前の鶏は弱りきっているため、休薬期間に病気が発生してしまうとどんどん死んでしまうため、抗生物質を使わざるを得ない状況もあるようです。

また、抗生物質も数種類使用するため、の体の中で耐性をもってしまい、抗生物質が効かなくなることでさらに強い抗生物質を与えていきます。

中でもどんな抗生物質でも効き目のないVREという細菌が検出されており、ヨーロッパやアメリカをはじめ、世界の多くの国で検出されるようになっているそうです。

安全性の高い鶏肉

スーパーで売られている鶏肉を見ていると、海外から輸入された鶏肉、国産の鶏肉、ブランド名がついた鶏肉などいろいろあります。

ブランド名がついた鶏肉は、飼育方法やエサにこだわっていたりと、安全性に配慮したものが多いです。

できるだけ国産のものやその地域のもの、そして「抗生物質、合成抗菌剤を一切使わず育てています」などの表記のあるものがおすすめです。

抗生物質を与えずに健康に鶏を飼育している生産者も増えてきているとのこと。多少値段が高かったとしても、そいういった方々を応援していきたいですね^^

私の愛用 生活クラブ

私は生活クラブという生協の食材宅配を利用しています。

できるだけ農薬を避けた農産物や、国産素材を基本不要な食品添加物をできるだけ避けた加工食品など、安心して食べられる食材がたくさんあります。

調味料や冷凍食品、お菓子などいろいろあって選ぶのも楽しいです♪TV「カンブリア宮殿」でも紹介されていたんですね。

もちろんお肉も買うことができます。体に良い食事を気にかけている方、お子さんのいる方などにもぜひぜひおすすめです( ´ ▽ ` )

わたし流のアトピー改善について

わたし流アトピー完治した方法

私はアトピーの症状がひどい時は、肌がボロボロで外に出られない時期がありました。少しずつデトックス(体内にたまった有害物質を排出)して、体内に取り込む食事や化粧品にも気をつけ、自分でアトピーを治すことができました。

脱ステをして10年経ち、もうアトピーもたま~に出るくらいでしたが、最終的にはグルテンフリーをしたことでたまに出ていたアトピーも全く出なくなりました。私の場合は、小麦が合わなかったのが大きかったようです。

原因は人それぞれ違うと思いますし、一つとは限りません。自分なりに情報を得ながら試してみて、自分の感覚を大切にしてやっていくのが良いのかなと思います。

こちらのブログでは気をつけたことなどをいろいろ書いていますので、よかったら覗いてみてください。最後までご覧いただきましてありがとうございました( ´ ▽ ` )/

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました