アトピー冷え性改善にみそ汁効果で体質改善 | 味噌玉で美容効果

私は大人アトピーが発症し、それ以来アトピーを治すために食事や化粧品などに気をつけてきました。10年くらい経った今ではすっかりアトピーが完治!こちらのブログでは気をつけたことなどを綴っています^^

さて前回「嬉しいみそ汁効果」についてご紹介しましたが、今回は、手作りのインスタントみそ汁!

簡単に作れるおみそ汁も、忙しい朝や、仕事から帰ってきて作るのはめんどくさい時もありますよね。また、あと何か一品ほしい、お弁当と一緒におみそ汁も持っていきたいなどなど、おみそ汁を習慣化するための様々はご要望にお応えしてくれるのが「手作りインスタントみそ汁」なんです。

それではご紹介してみたいと思います^^

前回の「嬉しいみそ汁効果」はこちら☆
みそ汁効果を活用してアトピーや冷え性の改善に美肌にアンチエイジングも!

スポンサーリンク

手作りのインスタントみそ汁を作ろう♪

味噌にダシを具を合わせた味噌玉に、お湯を注ぐと簡単に温かいおみそ汁の完成です!お味噌の種類や具材を変えることによって、いろんな味を楽しめます♪

みそ玉の材料

味噌玉(10個分)

味噌……180g
粉末だし……大さじ2
油揚げ……2/3枚オーブントースターで軽く焼いておく
乾燥ワカメ……大さじ1
乾燥ネギ……大さじ2

具は乾燥したものを使うのがコツです。具から出る水分が少ないほうが、丸めやすくなります。油揚げはトースターで軽く焼いておくこと、他には高野豆腐や切り干し大根、麩、桜えび、生姜、すりゴマなどもおすすめです。

みそ玉の作り方

1.油揚げは軽くトースターで焼いておきます。

2.大きい具材は5mm角に切り丸めやすくしておく。

3.ボウルに味噌とダシをいれ、ゴムベラでしっかりと混ぜ、さらに具を入れ混ぜます。

4.混ぜた味噌を1食分ずつに丸めていきます(直径3cmくらい)
水分が多くて丸めにくい場合は、粉末ダシや、乾燥した具を足したり、冷凍庫で一晩冷やすと固めやすくなります。

みそ玉の食べ方、保存方法

丸めたらみそ玉をラップに包み、茶巾絞りのようにねじって保存します。冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1カ月間。生の食材を使った場合は、早めに食べ切ってください。
保存したみそ玉は、お味噌汁を飲む直前に冷蔵庫や冷凍庫から取り出し、お椀にみそ玉を入れて、熱いお湯を注いで完成!冷凍してもカチカチにはならないので、熱いお湯を注げばすぐに食べられるようになります。
職場に冷蔵庫のある方は冷蔵庫に!保冷剤などと一緒に持ち歩いてくださいね。お湯を注いだときに、お味噌の香りがふわっとしてきます^^嬉しいですね!

 

◆私は味噌を選ぶ時に、食品添加物無添加のもの、さらに非加熱のものを選ぶようにしています。詳しくはこちらでご紹介しています^^
アトピー改善に気をつけた無添加味噌、その味噌本当に発酵食品?

 

◆他にもアトピー改善に気をつけたことなど書いています^^

アトピー改善に気をつけた食事は安全な鶏肉の選び方!食事改善を考える

アトピー改善に隠れ貧血予防も、鉄鍋で簡単に鉄分摂取!実は多い隠れ貧血とは?

アトピー改善や冷え性対策におまたカイロで温活!

アトピー改善で歯磨き粉の気を付けた成分!体質改善を考える

 

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました