アトピー冷え性改善に体を温める食べ物で温活 | 体質改善の体験談

アトピーを治すのに脱ステロイド&体質改善を始めた10年前。腸内環境を整えるべく断食やグルテンフリー、普段の食事や洗剤を見直したりと、様々なことをしましたが、今ではすっかりアトピーも治りました。

このブログでは私がアトピーを改善するために気をつけた体験談をご紹介しています。今回は冷え性について!体を温める食べ物と冷やす食べ物について気をつけた事をご紹介しています^^

スポンサーリンク

体を温める食べ物と体を冷やす食べ物の見分け方

食べ物には、温かいものを食べれば体が温まるというわけではなく、体を温めるものを陽性、冷やすものを陰性とする性質があります。

現代人は体が冷えていると言われています。冷えは万病の元と言いますが、体が冷えることで免疫力の低下、代謝機能が低下、酵素の働きが低下するなどさまざまな病気の引き金となってしまいます。

食べ物が持つ性質を知って、体の芯から温める食事をしましょう♪

スポンサーリンク

食べ物の色・形

食べ物にはそれぞれ色がありますが、白・青・緑といった寒色系の食べ物は身体を冷やします。反対に火や暖かさを連想される、赤・黄・オレンジなど暖色系の食べ物は身体を温める性質があると考えられています。黒砂糖や黒豆などの黒っぽい食べ物も体を温める食品になります。また、形でいうと小さいもの、丸いものは体を温め、大きいもの、細長いものは体を冷やします。

食べ物が採れる地域、旬の時期

寒い地域で採れる食べ物や冬が旬の食べ物は体を温め、暖かい地域の食べ物や夏が旬の食べ物は体を冷やす性質があります。寒い地域で暮らすには体を温める必要があり、反対に温かい地域で暮らすには体を冷やす必要があるという自然の摂理ですね。

食べ物が育つ環境

根菜など土の中で育つ食べ物は体を温め、葉物などの土の上に育つ食べ物は体を冷やす性質があります。

食べ物の固さ

水分が少なく固い食べ物は体を温める性質、水分・油分が多く柔らかい食べ物は体を冷やす性質があります。水分が多いと体に水分が溜まって体が冷えやすくなってしまうからです。

体を温める食べ物

赤・黄・オレンジなどの暖色系の食べ物としては、ニンジン、カボチャ、トウガラシ、ゴボウ、小豆、卵や、マグロ、牛肉やラム肉、鹿肉など赤身のもの。黒い食べ物としては、黒砂糖や黒豆、ヒジキ、醤油など。

寒い地域で採れたり冬が旬の食べ物としては、りんご、ぶどう、さくらんぼ、オレンジ、いちじく、あんず、桃、プルーン、金柑、鮭、あじ、いわし、サバ、エビ、カニなど。

土の中で育つ食べ物としては、ゴボウ、山芋、レンコン、ニンジン、ネギ、玉ねぎ、生姜、にんにく、カブ、かぼちゃ、コンニャクなど。

水分が少なく固いものとしては、チーズや漬物、根菜類など。

また、塩辛い調味料や発酵食品も体を温めます。塩、味噌、醤油、ラー油、唐辛子、明太子などや、チーズ、ヨーグルト、漬物、納豆、味噌、醤油、日本酒、紹興酒など。飲み物としては、紅茶、ウーロン茶、ルイボスティー、ごぼう茶、赤ワインなど。コーヒーは黒いけど冷やす飲み物なので間違いやすいところです。

スポンサーリンク

体を冷やす食べ物

白・青・緑などの寒色系と食べ物としては、大根、もやし、セロリ、白砂糖

暖かい地域や夏が旬の食べ物としては、トマト、きゅうり、ナス、ゴーヤ、バナナ、パイナップル、マンゴー、スイカ、レモン、グレープフルーツ、柿、キウイ、メロン、梨、コーヒーなど。豚肉、うなぎ、はも、アサリ、シジミ、ウニなども。

土の上で育つ食べ物としては、白菜、レタス、ほうれん草、小松菜、

水分や油分の多いものとしては、マヨネーズ、ドレッシング、生クリーム、バター、パンなど

また、酢などのすっぱい調味料も体を冷やします。暑い夏には酢の物などサッパリしたものが食べたくなりますね。他には清涼飲料水や化学調味料なども。間違いやすいのがコーヒー。コーヒー豆は暖かい地方で採れるもの、そして緑茶や抹茶も発酵していないので、ホットで飲んだとしても体を冷やす飲み物になります。

どちらでもない食品

体を温める陽性食品にも、身体を冷やす陰性食品にも属さない、中間の食べ物もあります。芋類、玄米、とうもろこし、大豆など、見た目が黄色っぽく、芋類や穀物類など主食になるものが多いです。

冷やす食べ物を温める食べ物にする工夫☆

食べ物自体は体を冷やす食べ物でも、手を加えることで温める食べ物になったり、体が陰陽に傾きすぎないように工夫することができます。

・生野菜は体を冷やすので加熱調理するようにする→蒸す、煮る、焼くなど。

・牛乳は白く体を冷やす食べ物→発酵させると固いチーズになり体を温める食べ物に!

・きゅうりは夏野菜なので体を冷やす食べ物→塩を加えて水分を減らし漬け物にすれば体を温める食べ物に!

・冷奴は白く体を冷やす食べ物→生姜や醤油をかけることで体を冷やしすぎないように!

・トマトやスイカは夏が旬なので体を冷やす食べ物→塩を振って食べることで体を冷やしすぎないように!ちなみに塩については→アトピー改善で気を付けた体に良い塩とは?

・コーヒーのかわりに生姜湯や紅茶、健康茶を飲む。→ルイボスティーはノンカフェインの健康茶!

・白いパンのかわりに全粒粉のパンを食べる。→アトピーやアレルギーに気を付けた精製された白い食品の害

今回は体を温める食べ物か冷やす食べ物かという観点からまとめましたが、冷やす食べ物だから悪いということではありません。食べ物には栄養価が高かったり、抗酸化力が高い、酵素がたっぷりなどそれぞれの特性がありますので、特性を知った上でバランスよく食べるよう心掛けることが大切だと思います^^

 

◆他にもアトピー改善に向けて体質改善したときのことなどを書いています^^

アトピー改善に気をつけた有機食品の食事は妊活にも良い?!

アトピーでも使えたエトヴォスのハイライトで上品なツヤ肌メイク!

アトピーや冷え性の改善にゆうき酢で体質改善!ダイエットや疲労回復にも!

アトピー改善にデトックスできるビーワン化粧品を長年愛用している理由!

 

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました